TOPICS

この度グローバルCOEプログラム「機能分子医学への神経疾患・腫瘍の融合拠点」が採択されました。このグローバルCOEは、平成10年から14年までのCOE形成プログラム「神経変性疾患と悪性腫瘍の分子医学」、平成15年から20年までの21世紀COEプログラム「神経疾患・腫瘍の統合分子医学の拠点形成」を発展的に受け継ぐものであり、名古屋大学大学院医学系研究科の中で10年以上に渡って続いて来た研究・教育拠点形成プログラムの更なる発展形であると言うことができます。今回のグローバルCOEでは関連の22講座が参画し、拠点形成を目指します。

21世紀には医学上の解決すべき多くの問題が残されています。中でも神経変性疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病、運動ニューロン疾患)や統合失調症などの神経精神疾患の病態解明とそれに基づく治療法の開発、および悪性腫瘍の有効な治療法、特に分子標的治療の開発は、その解決が最も望まれる課題です。一方、我々はこれまで神経疾患と悪性腫瘍はその病態に共通の分子機構が深くかかわることを明らかにし、これを標的として異分野の研究者が融合的に研究を推進することで、独創的な研究成果を生み出してきました。本プログラムはこれをさらに発展させて行こうとするものです。今回のグローバルCOEプログラムには研究・教育拠点形成に向けたいくつかの柱があります。これらの具体化に関しては、プログラム推進室、国際化推進室、教育推進室、広報推進室などを設け、有機的な運営を目指しています。

INFORMATION

2008.12.26

現在以下の募集を行っています。詳しくは各種募集のページをご覧ください。
若手外国人研究者招聘プログラム
若手研究者の研修のための海外派遣
若手研究者の研究成果発表のための海外派遣
若手研究者の研究成果発表のための国内派遣

LINKS